しんちゃんのオランダ&ベルギーツアーガイドブログ

オランダ、ベルギーで個人ツアーガイドをしているしんちゃんです。僕の日常や観光情報などを毎日こちらのブログにて綴っております。個人ツアーの詳細はハッピーツアー オランダ&ベルギーでご検索ください。みなさん、楽しい素敵な旅行を楽しみましょう!

          オランダ&ベルギーの個人ツアーガイド「しんちゃん」の日常を綴っております☆

クロアチア旅行記(前編) - 今パリにいます。

こんにちは、しんちゃんです。ブログサボりまくり(笑)。この間、仕事で様々なことがありましたが、それはまたこれから記述していくとします。今回は、今月頭に行ってきた旅行に関するお話をー。

ところで。。。

ところで今僕はフランスのパリに来ております。オランダ、ベルギーでツアーをお取りくださったお客様から「西尾くん、フランスまで来れる?」と問い合わせを頂き、今はそのお客様のサポートをさせて頂いております。ストラスブールに今日行って、明日はランスでシャンパンをお楽しみ頂く予定!

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423062618p:plain

ストラスブール:アルザスのユニークな街

例えば、自分自身を何者か?と考えてみると、自分自身を自分自身だけで定義するのはとっても難しくて、必ず僕の周りに人々がいるからこそ、自分自身を何者か表現できたりするのだと思っています。そういう意味でお客様や友人など、僕と過ごしてくれる人々には感謝しかない。そしてこのお客様と今、フランスで時間を過ごせていることは僕にとって大きな財産になるのだと思います。

ドブロブニク・クロアチア

4月頭にあった仕事がキャンセルになったので、すかさず飛行機のチケットをチェックしアムステルダムから直行便が出ているかつ航空券の安い目的地を選んだ結果、クロアチアのドブロブニクという街に行って来ました。これが、大当たりで最高の時間となりました(物価は高めだったけど)。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405154409p:plain

「魔女の宅急便」の舞台になった場所として、旅行好きな日本人ならご存知かもしれません。バックパッカー達の中でも非常に有名?とのこと。欧米圏では「Game of Thrones」というアメリカのドラマシリーズの撮影地になったとして人気の場所で、もちろんビーチリゾートとしてもハイクラスの観光地です。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405085343p:plain

ドブロブニクの旧市街

ドブロブニクはアドリア海の東側南端、412mという高さのスルジ山をはじめとする山脈の麓に位置しており、山と海に囲まれた美しい場所。本当に美しい場所。誰もが惚れ惚れするような、刺激的な感動を覚えます。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404220020j:plain

スルジ山からの景色

旧市街は城壁のような高い壁で囲まれていて、ガイドブックによればこの塁壁は「13世紀-17世紀に繰り返し築き直され、街を外敵から守ってきた」のだそうです。全長は1940mで、最も高いところで25mにもなるというからびっくり。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405085504p:plain

塁壁と断崖絶壁

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423054249p:plain

夕方の塁壁

また、旧市街の中には無数の階段が張り巡らされており、アムステルダムという平地に住む僕にとっては久しぶりの長い階段も。。。普段アムステルダムで自転車ばっかり見ているけど、流石にこういう階段がいっぱいある街だと自転車文化は発達しないようです。改めてオランダの「自転車と平地」という繋がりをも実感しました(笑)。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405173339p:plain

狭い道と階段

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423054746p:plain

夜道の階段

かつて15世紀にラグサ共和国として繁栄したこの街は、1800年代初頭にはフランスのナポレオン軍に支配され、それ以降はオーストリア、フランス、英国、ロシア、トルコなどの支配が続き、1991年-1992年にはセルビア・モンテネグロ軍からも攻撃を受けていおります。もちろん復旧がされており、現在はそんな紛争の後を見ることはほとんどない(一部そういった跡地はあるものの)けど、そんな悲惨な歴史があったとは思えないほどに街は綺麗で、古き良き雰囲気を醸し出していました。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405174825j:plain

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405174820j:plain

歩いているとよく見かけるのが「聖ヴラホ」の彫刻で、聖ヴラホはドブロブニクの守護聖人となっています。オランダに住む僕としてはなんとなく「シンタクラース」を思い出してしまいますが、別人で、クリスマスとは関係ありません。聖ヴラホに関してはネットなどでかなり調べたけど、ほとんど忘れてしまった(爆)ので、興味ある方は検索してみてくださいね。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423055309p:plain

聖ヴラホ

http://shinchan-netherlands-belgium.hatenablog.com/entry/2018/12/07/021807


ドブロブニク写真集

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190422053231p:plain

猫がいっぱい

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405084717j:plain

猫がいっぱい2

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423054349p:plain

猫がいっぱい3

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190405085422p:plain

アドリア海

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423054046p:plain

アドリア海2

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404213241j:plain

最高の夕日

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423061710p:plain

カヌー

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404212815j:plain

イカスミのリゾット

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404214714j:plain

ムール貝のワインむし


飲み物(アルコールに関して)

ビールが好きなので、滞在中に同じビアカフェに足を運んで様々なビールを試してみました。一般的に飲まれている(であろう)ビールはそれほど特徴のないラガービールでさっぱりした味わいだったけど、唯一「お、これはーっ!」と思ったのが「ドブロブニク」というブラウン・ビールで、飲みやすく甘すぎず、オススメです。ドブロブニクでビールを飲むなら、こちら

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404213508j:plain

オススメのドブロブニク

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404213450j:plain

その他のビール

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404213515j:plain

その他のビール2

ワインはやっぱりよく分からない(笑)。クロアチアの白ワイン3種類をテイスティングしたけど、リースリングワインに近いと説明を受けたワインが僕の好みでした(名前を忘れるという致命的なミス(笑))。おしゃれにアンチョビをつまみにしたものの、味が濃くて舌の馬鹿さ加減はさらに増し増し。。。味音痴の僕には到底、ワインの味を理解することはできませんでしたー。残念っ!

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190404212927j:plain

唯一分かったことは、「クロアチアには多くの種類のワインがある」という単純な事実(笑)。

 クロアチア旅行記はまた続きを書いていきます!なんか、アルコールの紹介で終わるというアル中ブログになってしまいましたが、他にも書ききれないくらいの想い出があるのです。

ぜひみんなも行ってみてくださいね。てか、誰かクロアチアに行きたい人いませんか?スキポール空港で集合して、一緒に行きましょう(笑)。。ガイドも案内もしません。フラフラと遊びに行きましょう。

f:id:shinchan-netherlands-belgium:20190423062757p:plain

オルセー美術館で見たルノワールの作品。なぜか印象派と呼ばれる作品に惹かれています。

ではでは皆さま、引き続き宜しくお願い致します!Be Happy with Happy ! ハッピーツアー オランダ&ベルギーの手がけるプライベートツアーは以下からご覧ください。

happy-tour-nb.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村